ボドゲレビュー 逃げゾンビ

奈良アナログゲーム会です。

いやー寒い日が続きます、夜はこたつに潜り込んで読書やボドゲを遊んでたいですね。
今回は初めてのボドゲレビュー!

日本人も大好きゾンビモノのボドゲ『逃げゾンビ』です。
なんだろうタイトルがなんでこんなダサいのか・・・失礼。

91nxUAETMTL._SL1500_.jpg

ルールはシンプルですよ、1回か2回遊べば次からのインストは凄い楽だとおもいます。
プレイ人数は1~4名、ゾンビだらけになった町から仲間と一緒に脱出するお話。
とにかく生き残る事、そして町の住民を救出して仲間にしていく事。

この町の住民が曲者で、住民を救えば救う程、最優秀プレイヤーを決定するVPというポイントが
与えられるのですが、高いVPを持っている住民キャラクターがなんといいましょうか。

クセがスゴい!

厄介な能力を持ってます。
自分だけにデメリットの有る効果のあるモノから他のプレイヤーを巻き込んで偉いことになるカード迄ととにかくクセのスゴい近隣住民を引き連れて町を脱出するためのゲームが続きます。

テクニックよりも運勝負な感じのゲームなんですが、シナリオ全体が愛すべきB級ゾンビ映画感丸出しで本当に面白いですよ、酒のみながら遊べばゲラゲラ笑いながら映画の真似したりして遊べること間違い無しです。

ゾンビ映画大好きな方にもオススメ、逃げゾンビ一緒に遊んでみませんか?

この記事へのコメント